オンライン上で商品の販売ができると、店舗にかける家賃や人件費がかからないので、大きく経費を削減できます。また、インターネットでは、全国各地のお客さんに、商品やサービスを販売できます。オフラインのみでビジネスを行うと、お客さんは地元の人たちだけに、限られてしまいます。オンラインを利用することで、潜在顧客の数が大きく増え、売上が増加する可能性は高くなります。オンラインでは、24時間売買が可能です。オフラインの実店舗だと、営業時間内に店舗に来ることができる人以外は、お客さんはなり得ません。しかし、オンライン上では、どのような生活スタイルの人も、お客さんになり得ます。しかし、ただオンライン上のホームページなどに商品を掲載すると、大きく売れるというわけでは、当然ありません。オンラインで商品やサービスを販売するためには、様々なテクニックやスキルが必要になります。

オンラインビジネスをするにあたって、マーケティングやシステム関連の技術があることは、非常に大切です。マーケティングができると、効果的にお客さんの情報を収集し、適切な商品をお客さんに紹介できます。また、マーケティングでは、ターゲット層の属性を知ることで、販売量が上がるサイトのレイアウトなどを、解析することも可能です。商品をまったく変えなくても、サイトの外観を変えるだけで、大幅に売上が上昇するということは、実際にあります。システム関連の技術があると、サイト構築やメールマガジン運用が、非常に簡単になります。システム関連に詳しいと、ECサイトなどにトラブルがあった時でも、即座に対応し、修復することが可能です。マーケティングやシステム関連に詳しいことは、とても大切です。しかし、オンライン上で商品を販売する際は、適切な文章を書き、お客さんに商品の魅力を伝えていきます。商品の魅力を的確な文章にする、セールスコピーライターが社内にいると、サイトからの売上は大きく上昇します。

有能なセールスコピーライターになるためには、コピーライティングの技術が必要です。コピーライティングは、お客さんを煽って商品やサービスを購入させるものではなく、顧客心理を理解し、適切な文章を書いていくものです。お客さんの悩みを理解し、特定の商品がその悩みを解決するものだということを、分かってもらう必要があります。特定の商品が、お客さんの悩みを解決すると分かってもらうための文章が、セールスコピーです。そのため、コピーライティングの技術を学ぶ時には、文章力だけではなく、心理学や社会学も、同時に学習することが望ましいです。また、コピーライティングを学ぶための本は、数多く出版されています。コピーライティングを教えている企業や個人も存在しており、この場合の料金はまちまちです。

セールスコピーライターに対する需要は、非常に大きなものがあります。セールスコピーライターを欲している業界は非常に数多く、通販をしている会社は、ほとんどがセールスコピーライターを必要としています。また、最近ではあらゆる種類の商品に、ランディングページが使用されています。ランキングページを書くためには、コピーライティングが必要です。コピーライティングを覚えることは簡単ではないので、仮に高い料金だとしても、セールスコピーライターに外注をする企業は多いです。また、ランディングページを専門に作成している会社でも、セールスコピーライターに対する需要はあります。通販のホームページの会社では、短い納期で一定以上のクオリティのランディングページを書く人材が、数多く必要とされています。このように、外注を受けて、ランキングページを書く会社からも、セールスコピーライターに対する需要は、非常に大きいです。

多くの企業が、高い技術を持ったセールスコピーライターを欲しています。しかし、ランディングページを必要としている企業の多くは、セールスコピーライター育てる余裕は、時間的にも金銭的にもないのが現状です。そのため、効果が高いコンテンツを作るセールスコピーライターには、とても大きな需要があります。しかし、新人のセールスコピーライターに対する需要は、大きくないのが現状なので、あまり経験がないライターは、実績を積み上げる必要があります。ランディングページを書くことを専門としている会社では、セールスコピーライターを育成しているところもあります。また、コピーライティングに関しては、本や教材、セミナーでも習得が可能です。実際に、独学でセールスコピーライターになり、非常に大きな需要を獲得している人は、少なくありません。企業に入って修行をすると、セールスコピーを書けるようになるための、一般的な方法を、実践的な仕事をしながら学ぶことが可能です。しかし、独学でセールスコピーライターになると、非常に独創的なセールスコピーを、作れるようになる可能性があります。