ジパングカジノで上手く勝つことができたときには、何をしようかと考えるものですが、その前に大きく勝ったのであれば税金のことを心配しなければなりません。納税は国民の義務であり、納税しなければならない分だけ稼いだ時にはしっかり確定申告をして税金を納めないと行けないのです。

黙っていてもばれないと思うかも知れませんが、ジパングカジノのように銀行口座を通じてお金をやり取りするものは全て税務署に筒抜けとなっていますから、黙っていると後になって税務署が訪ねてくるということも十分に考えられます。後から指摘を受けると更に追徴課税が課せられてしまうこともあり、手痛い出費となってしまうことがあるのです。

ジパングカジノ内の残高が増減する分には海外の企業の口座の中の話ですから、日本の税務署がお金の流れを捕捉することはできないので、出金さえしなければ現実的にバレることはないでしょう。しかし、稼いだ分は出金しなければ意味がありませんから、ジパングカジノの口座に入れっぱなしということはなく、最終的に国内の自分の口座にお金を移すことになります。

そこで大きな動きがあれば、税務署も簡単に把握することができるので、申告がないと後になってから税務調査に入られてしまうということになるのです。実際には全ての脱税に対して税務署が動けるわけではありませんから、黙っていてもばれない可能性が高いのは事実です。

そうだとしても万が一指摘を受けてしまうと、悪質な場合には脱税ということで刑事罰を受ける可能性も出てきますから、申告をしないというわけには行きません。負けたときには何の補償もなくて、勝ったときだけ税金が取られるのは納得が行かないと思うかも知れませんが、ルールはルールなので守る必要があります。