化粧品の通販サイトでは、集客のためにランディングページがよく用いられています。ランディングページは、LPと略されることもあるWebサイトですが、ホームページと異なり、主に商品の購入を目的に作られています。そのためホームページのように、多くの情報は掲載せず、ターゲットに向けて集中的に訴えかける形で記事が展開するのが特徴です。またページは1枚で、スクロールして下に読んでいくのが一般的です。そしてプロのLP製作会社では、化粧品のホームページの執筆代行を行っており、高いコンバージョン率のあるセールスコピーが書かれています。

例えば、LPで使われるセールスコピーの例として、「なぜ、あの人の肌には加齢によるたるみがないのでしょうか」と、理由を尋ねるタイプのキャッチコピーがあります。この場合、「その秘密はこちら」というタイトルが続き、化粧品が紹介されます。これは、原因や理由を知りたいという、人の心理を応用した例です。 また、「あなたは美白セットと潤いセットの、どちらがいいですか」と、読み手に選択を迫るタイプのセールスコピーも効果的です。人は選択の自由を与えられると、その権利を行使したいと感じる傾向があり、これはその心理を利用したものです。さらに優れたセールスコピーは、その化粧品を購入したことによるベネフィットを強調します。その化粧品のターゲットが抱えている悩みに寄り添うような文章を書き、その後で、購入後に得られる理想像を描写すると効果があります。そして視覚に訴える画像や動画を挿入すると、さらに購入意欲が高まります。逆に、ランディングページを訪れたユーザーの悩みを無視して、ニーズに合わないコンテンツを掲載してしまうと、売り上げに繋がりません。

また広告に見合うだけの効果を得たいのなら、成功実績が豊富なLP制作会社に依頼すべきです。優良な制作会社なら、その化粧品の特徴や強みと弱みを分析して、収益が上がるランディングページを制作してくれます。従って、コンバージョン率の高いランディングページを望むなら、有能なセールスコピーライターが在籍している業者を、探して発注するべきです。様々なツールを駆使して素人が制作するよりも、プロの業者の方が安心です。さらに、制作後のSEO対策やLPOも含めた料金設定になっている場合もありますので、費用に何が含まれているかを、初めに聞いておくことが望ましいです。