セールスコピーはwikiにはコピーライターのキーワードでしか掲載されていません。コピーライターは商品やサービス、企業の宣伝のために新聞や雑誌、あるいはグラフィック広告、テレビやラジオCM、ウェブサイトやバナー広告などに使用するコピーを書くことを職業としている人を指すとされています。主として広告会社やその制作会社、メーカーの企業内部に属していたりフリーランスで行っている場合が多いとされています。
近年はキャッチコピーばかりでなく商品のネーミングや商品開発における企画書の作成、映画やドラマの脚本に携わるコピーライターも多く登場するようになっているとされます。

wikiの欄では求められる力としてコピーライティングには自己表現が求められるのではなくてクライアントワークが主要なものでありマーケティング戦略から課題を理解してこれに取り組むことが求められます。表現力だけ高めてもこの職業に入れるわけではなく広告ビジネスがどういうものかの理解が重要であるとされています。
以前は誰かの元について習うという徒弟制度で育成されることも多かったものですが、最近はコピーライターの養成講座のような専門的な育成機関に通って習得することも行われるようになって来ています。

コピーライティングとセールスコピーライティングには決定的な違いもあります。コピーライティングはキャッチコピーとして知られイメージをアップすることを目的に作られます。強い口調のことばや響きの良い美しいことばで企業のブランディング効果を向上させるのに利用されます。そして世の中において認知度が高まったりイメージアップに繋がったら成功とみなすものです。
セールスコピーライティングはモノを売るための、反応を得るための、あるいは行動を起こさせるためのコピーを指し、従ってDMやチラシ、メールマガジンやランディングページなどでよく使われます。

文章は長く数千字から数万字に及ぶこともあり、仕上がったものは時にはセールスレターと呼ばれることもあります。
特徴としては続きを読みたくなるようなタイトルで始まり、営業マンの話すような話し言葉で述べられることも多くいかに満足感が得られるかを訴求し最後には申し込みなどの行動を促すような文面内容になっています。

多くはその場で行動してもらうようになっていて、申し込みはいつでも良いとは書かれず、まさに今であることが強調されることが多いものです。これには購買心理やセールストーク、マーケティングの知識が欠かせません。化粧品のホームページと運用についてはこれらの制作実績のあるところに依頼するのが良いとされています。