通販によって商品の販売をする場合、結果が出るホームページと制作会社を選ぶ必要があります。さらにユーザーの購買欲を高めるセールスコピーも重要で、書き方を少し変えるだけで、売り上げが大幅にアップしたケースもあります。セールスコピーは的確な長さで、しかも一瞬でユーザーの心を掴むことが大切です。書き方で最近話題になっているのが、「写経」というコピーライティング業界の専門用語です。ただしお経を書き写すのではなく、爆発的に売れた商品のセールスコピーや、自分が良いと感じる広告レターなどを数多く書き写す方法を意味します。その際、自社が売り込みたい商品と、ターゲット層が同じ商品が最適です。

またランディングページの多くは、ペラサイトで構成されています。ワイヤーフレームは1カラムで、ヘッダーもサイドバーもないのが特徴です。1ページだけで公開可能なので、量産できるというメリットがあります。しかしユーザーは縦スクロールで読んでいくため、セールスコピーが良くないと、コンテンツに飽きて離脱します。それを防ぐために、閲覧している人の悩みを丁寧に書き込み、それを解決する手段として商品を提示するのが効果的です。セールスコピーの近くに、適した画像を複数挿入するのも良い方法です。最近は、漫画形式で商品説明を行うランディングページもあります。

尚、主に3つの部分でランディングページは成り立っています。まず目に入るファーストビューには、適切なキャッチコピーを挿入します。コンバージョンボタンも設置しておくと、購入目的で訪れた人の時間を無駄にしません。そしてボディ部分で、商品の有効性を説明します。例えばサプリメントなら、成分の詳細情報を書き入れます。口コミや、紹介されたメディアがあればその名称も記載すると良いです。クロージングでは、期間限定の特別価格などの情報を盛り込み、購入意欲を刺激します。コンバージョンボタンのサイズやデザイン、色の工夫も大切です。一般的に、大きめで立体感のあるボタンが好まれます。またグリーンは、人の心を安心させる色と言われています。そしてこのエリアにあるセールスコピーが、ユーザーのアクションを効果的に後押しします。また実績豊富なランディングページ制作会社には、優秀なセールスコピーライターやwebデザイナーが在籍しています。過去の制作事例を公開していることも多いので、参考にすることができます。