セールスコピーは、インターネットが普及した現在において、広告にメルマガ、バナー広告、アフィリエイト広告、そして健康食品のホームページの執筆代行などに特に必須とされている要素で、多くの店舗がインターネットにも広告を出している現代では当たり前の宣伝の仕方のひとつとして数えられています。

目立つ英語などの横文字を入れたり、多くの工夫を制限された広告やバナーに効率良く入れることが大切になってくるセールスコピーは、かつてセールスコピーライターという言葉が多くの人に知られることになるほど重要な役割を果たしています。 そのためセンスが必要とされるという認識が広まっていますが、いくつかの要素を学び取り入れるだけでセールスコピーライターとして活動でき、また売れるセールスコピーを作成することができます。

売れる記事にはおおまかに分けて4つの特徴があり、1つ目は、まずターゲットが明確であることです。 例えば、健康食品のランディングページであれば、その健康食品がどれだけ身体に役に立つのかを実際の成分を紹介しつつ書いていくべきです。

2つ目は、ターゲットに対する利益が明確であり分かりやすいことが挙げられます。 たとえば英語の教材を紹介するときに、信頼と実績という曖昧な表現を多用するのではなく、その教材を使用した人の9割が英検で1級取得を実現したなどの実際的な数字を出す必要があります。 数字に裏付けされているということは、売れる記事としてとても重要な点のひとつになります。

3つ目は、説得力があることです。 商品についてのアピールのなかで、ただ優れていることを押し続けているものは疑われてしまいます。 そこで実際的な数字をだすと同時に、具体的な事例を文章の中に入れることも重要になってきます。 そして、理由づけも大切になり、なぜその商品は健康に良いのか、あるいはなぜ安いのかといったことを、商品の主張の後に付け足すことによって説得力が増し、また自然と読まれるセールスコピーになります。

最後の4つ目は、キャッチコピーが短く分かりやすいことが挙げられます。 情報量が過剰に供給されている現代において、一瞬で目につくようなキャッチコピーを簡潔に短く載せることがとても重要になります。 ここで分かりやすいというのは、ターゲットとターゲットに対する利益が明確であること、そして説得力があることというポイントを指し、このポイントを踏まえつつ簡潔に短いキャッチコピーを作成することが大切になります。