通信販売で何か商品を売る場合、ホームページが必要だと考えるのは当たり前の事です。そして、ランディングページも今の時代必須だと言えるでしょう。お客さんがホームページを訪れてせっかく商品情報を見てくれても、そこから別のサイトに移動されては売るチャンスを逃してしまいます。ランディングページは、商品が気になったお客さんを出来るだけ逃さず購入フォームまで導くためのページです。そのため、商品イメージがインパクトとして残るようなセールスコピーやキャッチコピーが必要となってくるのです。ホームページは持っているが中々売上げが伸びない、という方は、商品の魅力を効果的に伝えるランディングページを今すぐにでも導入する事をお勧めします。そうする事で、伸び悩んでいる売上げの改善が見込めるでしょう。

ランディングページを製作する際、専門の業者に依頼するのが一般的となっています。自分自身で作る方も中にはいますが、そのような方は、WEBマーケティングの知識や文章力、構成力、プログラミング力などを兼ね備えているから自作出来るのです。そのような知識を持ち合わせていない場合は、セールスコピーライターや専門デザイナーに依頼するのが無難だと言えるでしょう。通販のホームページと初期費用に関しての相場は、5万円から25万円程度までかなりばらつきがあります。依頼する側が商品のセールスコピーやキャッチコピー、原稿や画像、レイアウトなどを事前に用意していれば値段は安く済みますし、逆に商品の簡単な資料しか用意していなければ値段が高くなる仕組みです。何はともあれ、セールスコピーが中々思い浮かばないという場合は、セールスコピーライターに記事を作ってもらう事をお勧めします。

最近のランディングページは、商品の魅力を一目でわかってもらうため、マンガを取り入れるケースが増えています。同じ商品の説明でも、活字であれば読むのが苦労するのに対し、マンガであれば最後まで苦もなく読む事が出来るからです。実際、マンガを取り入れたランディングページは取り入れる前と比べ売上げアップに繋がっている事例が多々あります。わたし達日本人にとって、マンガは子供の頃から慣れ親しんでおり、そのようなランディングページの方がより魅力的に感じるのではないでしょうか。セールスコピーライター同様、マンガのランディングページに特化した専門業者もあるので、気になった方は依頼してみると良いでしょう。