ホームページやブログに、ただ商品を掲載しているだけでは、売れることはあまりありません。オンラインで商品やサービスの販売をするためには、的確な技術と知識が必要になります。オンラインで商品を売るためには、様々な方法があります。その中で、代表的なものは、ランディングページを作ることです。ランディングページは、商品の魅力を的確に顧客に伝えながら、顧客が商品を欲しがるようになる、文章のことです。ランディングページの書き方は、通常の文章とは大きく異なり、適切なセールスコピーが必要になります。そして、セールスコピーを書くためにも、通常の文章構成とは違う考え方を持つことが、極めて大切です。

セールスコピーを書く考え方は、エッセイや論文のものとは異なります。エッセイや論文では、対象となるのは研究者であり、難しい表現をすることが許されます。また、専門的なデータを指し示す方が良く、統計解析や数学モデルなどの使用が、推奨されます。また、エッセイや論文では、読む相手が、文章の始めから最後まで、一貫して読むことが前提となります。しかし、セールスコピーを読ませる相手は、一般の顧客であり、難しいデータなどは読んでもらえません。また、書いてある文章を、最初から最後まで読んでもらえるとは限りません。仮に、面白くないと判断されると、顧客は読むことをやめてしまい、商品が購入されることはありません。セールスコピーを書く際には、顧客に商品を買ってもらうのと同時に、文章を最後まで読んでもらう、という考え方が必要です。そのためには、興味深い文章、面白い文章を書くことが重要です。

適切なセールスコピーを書くための考え方は、エッセイや論文とは大きく異なります。また、良質なランディングページを書くためには、専門の技術や知識も必要になります。セールスコピーを書くための学習道具として、たくさんの本や教材が販売されています。また、講義や通信講座などもあり、学ぶ場所には困りません。さらに、実際に他社によって書かれた、ランディングページを読むことも、効果的な学習法です。良質な通販のHPとデザイン例を読み、キャッチコピーやセールスコピーを参考にすることによって、販売するための文章術の技術は、大きく上昇します。ランディングページを書く際には、ライティングの技術や知識は、当然必要です。そして、それと同時に、文章を最後まで読んでもらうという、考え方も大切です。