結果が出るホームページとキャッチコピーには、重要な関係があります。優れたセールスコピーは、インパクトのある画像と同じくらい人の心に印象を与えます。プロのセールスコピーライターが作る記事には、人の感情を動かして、購買欲を掻き立てる効果が期待できます。売れるLPでおすすめのセールスコピーには、五感に訴える文章が取り入れられているため、購入後の効果をイメージしやすくなっています。商品に限らずサービスにおいても、例えば会員登録後に得られるメリットなどをイメージしやすい方が、コンバージョン率も高まります。そのためには購入が予想されるターゲットを絞り、紹介する商品のメリットを的確に伝えることが大切です。その点、1枚型のランディングページでは、閲覧者と1対1の会話をしているように文章が進むため、特定のターゲットに向けて訴求しやすいのが特徴です。
しかも通常のホームページ制作よりも、安価な費用で済むのでおすすめです。

さらに売れるランディングページには、決まったパターンが認められています。まずファーストビューで注意を惹き付けるセールスコピーがあり、その後に親しみのある文章で、商品が紹介されます。あまり砕けすぎても逆効果ですが、友達に向けて語りかけるような文章が一般的に好まれます。このトップエリアが気に入らないと、閲覧者はすぐに離脱する可能性があるので、注意が必要です。従って、読み手の心を掴むセールスコピーが求められます。またメイン画像は、読み手が求めるイメージになっていることが大切です。不愉快な画像を載せて、危機感を抱かせる手法もありますが、それよりも閲覧者の理想像がある方が、気持ちが盛り上がります。

そして購入後に獲得できるイメージを強調すると、読み手の購買欲が高まります。その後で、具体的に裏付けるデータなどの詳細説明をすると良いです。売りたい商品のジャンルによっても異なりますが、詳細情報や専門知識を入れた方が信頼されます。他に、各種SNSにリンクを設置して、ランディングページに集客する手法もあります。その場合も、SNSで適切なセールスコピーを導入することが、売上アップに繋がります。さらにランディングページに適した動画を、安価な費用で提供している制作代行業者もあり、高い評価を得ています。セールコピーに合った動画が挿入されていると、ユーザーの購入意欲に結び付きます。ただし動画の中で、商品のメリットをしっかりアピールすることが重要です。