ネットが普及し、さまざまなセールストークがあふれかえっています。人の記憶に残るキャッチーな一文で商品を売るセールスコピー。なかにはフリーランスで活躍しているコピーライターもいて、クリエイティブディレクターやアートディレクター、CMプランナーと共に商品の開発やネーミングからコンセプトまでと、セールスコピーライターの活躍の場は年々高まっています。さて、これらを書いて作る人は一体いくらくらいの収入があるのでしょうか?

セールスコピーを作るコピーライターはさまざまな企業で活躍しています。大手広告会社で有名なところですと800~1000万円の年収があるようです。しかし一社員がどんなに売れるコピーを作って担当商品が売れたとしても、年収やボーナスが上がることは少ないようで、その為か、本当に実績や実力があるコピーライターは、フリーランスのコピーライターとして活躍しているようです。しかしながら、それらはごく一部で、ある統計ではフリーのコピーライターの年収は500~1000万円となっていますから、かなり幅のある実態年収です。しかしながら、自分が考えたコピーを電車内の広告や街中で見かけたりすると嬉しくもありますから、これが収入に関係なくコピー制作者の原動力なのかもしれません。

セールスコピーを考える仕事で、収入が高額となるには、どうしたらいいのでしょう?これは平均年収が1000万円前後の企業に入社するか、フリーランスのセールスコピーライターとして独立するしかないでしょう。企業の一社員としてとどまるのなら、どんなに能力や資質があっても1000万円以上はいかないと考えられます。またフリーランスでセールスコピーライターとして独立しても、依頼があった仕事を成功させないと次の仕事の依頼はありませんから、こちらも容易なことではありません。セールスコピーライターになるのには、特別な資格は必要ありません。

目指すのであれば大手広告会社や制作プロダクションなどに入社するのが一般的です。ただ入社倍率が非常に高く、新卒で入社できる確率はかなり低いと言わざるを得ません。また入社できたとしても、すぐにコピーライターの仕事を任されるという訳でもありません。まずは広告宣伝に関する部署に配属され、ある程度の経験を積んでからということになるはずです。入社が難しくても民間のコピーライター養成講座などはたくさんあります。受講費用さえ払えば誰でも年齢は関係なく講座を受けることができますが、この養成講座を受講してもセールスコピーライターになれるとは限りません。やはり、どこかの広告会社に入社して、経験を積むことが間違いないかもしれません。