インターネットが広く普及した現在では、リスティング広告をはじめメールマガジンやバナー広告、アフィリエイトなど、セールスコピーが必要になる機会が格段に増えています。ウェブだけでなく、チラシやDMなどにおいても反応率をアップさせるために、セールスコピーを効果的に用いる方法を知りたいと思う人も多いはずです。利益に直結させるという面では、特別なセンスはこれと言って必要なく、いくつかのコツさえ掴めば、ウェブで効果的なセールスコピーは誰にでも作ることができます。

ターゲットを明確にすることが大切
ウェブで効果があるセールスコピーを作る際に最も重要になるのは、対象の商品あるいはサービスを購入してもらいたい人物像、すなわちターゲットを明確にしておくことです。また、商品の特徴を単に伝えているキャッチコピーよりも、ターゲットに対してどんな利益があるかということまで言及しているコピーの方が、効果が高くなる傾向があります。
例えば、英会話教材の広告で言えば「信頼と実績のある教材です」と記載するより、「9割以上の利用者が3ヶ月で英検1級を取得した教材」とする方が具体性があります。つまり、商品あるいはサービスを使ったり購入することによって、利用者が得られる利益までしっかり分かりやすく伝えているコピーの方がより効果的という訳です。

説得力を持たせることも重要
どれほど言葉を尽くして商品やサービスの魅力を記載しても、消費者から「本当だろうか」と思われたり「嘘ではないか」と思われてしまうと、せっかくのコピーも台無しになってしまいます。そのため、説得力のあるコピーを考えることも重要です。
一番簡単なのは、コピーに数字を盛り込むことです。例えばお菓子なら、単に「美味しい」と記載するよりも「毎日開店時になると100人以上もの人が行列を作るほど美味しい」とした方が、より美味しそうな感じが出せます。
また、家電製品や化粧品などで「これだけの効果があった」という事例が含まれた広告も多くなっています。「何人にどのような効果があった」といった数字を掛け合わせたコピーにすると、さらに説得力を持たせることができるでしょう。

コピーは短くて分かりやすいものに
どれほど商品やサービスの中身が秀逸であっても、セールスコピーに魅力がなければ、消費者には読んでもらえません。一瞬で「良さそうだ」と思ってもらわなければ、数ある商品の中に埋もれてしまいます。
だからこそ、当然のようですが、効果的なセールスコピーを作るには短くて分かりやすいものにしましょう。キャッチコピーは30文字以内が最も適していると言われ、英語では8単語以内に相当します。