セールスコピーの意味は、即売り上げに貢献する、売るために作成をする文章のことを言います。つまり、これを見た人が商品やサービスについて魅力を感じて、何らかの行動を起こそうと考えるような文章を指しています。このような意味であるため、セールスコピーは営業トークを参考にして作られる場合もあります。営業トークは、消費者にとってどのような利点があるのかを分かりやすく、消費者目線に立っておこないますが、セールスコピーはそれが文章になった形であるため、構成や考え方は同じです。このセールスコピーの出来の良し悪しが、そのまま商品やサービスの訴求力にもつながりやすいため、しっかりと構成を練って、消費者にアピールできる文章であるかどうかを見ながら推敲する必要があるでしょう。

健康食品のHPの執筆においても、このセールスコピーの作成は重要な要素です。健康食品は、健康に気をつかう人に対して売っていくわけですが、健康食品は薬ではありませんから、ある程度胡散臭さを感じてしまう消費者もいます。そういった人たちに、効果がある健康食品であるというアピールをするためには、前述のように、商品の特徴やメリットを消費者目線に立って、具体的に記述して、消費者にそれならこれが欲しいと思わせるような内容の文章を作成し行くことが重要です。消費者の心理にいかに働きかけるかというのが、文章作成にあたっての腕の見せどころです。実際にLPからどの程度の売り上げがあったのかは分析できますから、なかなか売り上げにつながらない場合はフィードバッグをしながら少しずつ変化を加えていくと、徐々に売り上げにつながるLPができていくでしょう。

ただし、そう悠長なこともいっていられないというなら、LP作成の代行をしている業者に作成をしてもらうのも一つの手段です。業者はいろいろな業種の会社から依頼を受けてLPの作成を行っているため、それぞれの業種に適したページを作ってもらうことができます。また、自社でLPの作成をしなくても良い分、人件費を削減できますし、人的コストを別のところに向けることも可能となります。費用は依頼をすればそれなりにかかりますが、高品質なサイトを作ってもらえるため、費用対効果には優れています。ただし、どの程度の広告コストを考えているのか、どれくらいの効果を期待しているのかによってもスタンスは変わるため、自社に合った手段を選ぶのがおすすめです。