インターネット市場は、今や経済の動きの中で無くてはならないものとなっています。市場規模は平成25年の時点で個人向けが約10兆円、企業間取引となると約260兆円となっており、その規模は年々拡大しています。市場の進化はとても早く、その時々において必要とされる職業が新たに生まれ続けている点も特徴です。数年前であれば、ホームページを製作する職業が人気となっていましたが、現在では下火になっており、それに取って代わって今注目を集めている職業が、セールスコピーライターです。セールスコピーライターは、WEBマーケティングにおいて集客に繋がり、売るための記事を書く事が主な仕事となっております。この職業は、興味があれば誰でも始める事が出来、独立起業して行っている方もいれば本業の合間の副業として行っている方もいます。

セールスコピーライターが書く仕事内容というと、セールスレターやランディングページ、ブログ記事、メールマガジンやダイレクトメールなどがあります。どの場合も共通して言える事は、サイトに集まった人の心を掴み、商品の購入意欲を駆り立てる記事を書くという事です。セールスコピーライターとしてのスキルは、独学で学ぶ事が十分可能です。大型の書店に行くと、コピーライティングに関する書籍がたくさん売っています。これからこの職業を始めよう、という方は読んで勉強してみると良いでしょう。独学では中々身に付かない場合は、セールスコピーライターとして実際に活躍している方から教えてもらうという方法もあります。

最初からいきなり独立起業するのは、リスクが高いのでお勧めしません。とりあえずセールスコピーライターとしてスタートするのに最適なのは、アフィリエイトやブログです。その際もサイトに集まった人の心を掴む事を第一に考えた記事を書いていきましょう。アフィリエイトやブログである程度コピーライティングを続けていく事で、仕事に必要な知識やノウハウを身に付ける事が出来ます。また、クラウドソーシングサイトでコピーライティングの仕事を引き受けるのも、スキルアップに繋がる方法だと言えます。セールスコピーライターとして様々な経験を積みながら収入を少しずつ増やし、この仕事だけで食べていけると確信してから独立起業すれば良いのです。自宅で出来る副業を探している方、セールスコピーライティングを始めてみませんか。やる気があれば、副業から本業にする事も十分可能ですよ。