セールスコピーライター年収は、実力によって決まります。スキルがあり、売り上げアップに貢献するセールスコピーライターなら、年収として1000万円から2500万円は稼げます。しかし実力がない場合、セールスコピーライター年収は、およそ300万から多くて500万円程度です。またセールスコピーライター年収は、勤続年数には関係ありません。日本国内でわずか3.9%と言われる、年収1000万円超えを目指すのなら、成功実績の高いセールスレターが書けることが必要になります。通販のHPと制作実績の高い業者に勤める場合、ライティングの報酬に加えて、成果報酬がもらえます。例えばライティングの報酬としては、セールスレター1枚で10万円前後が相場です。つまり10枚書くと、およそ100万円になります。

次に成果報酬ですが、例を挙げると、コピーライターが書いたセールスレターによって、売り上げがあった場合、その売上金額の5%が成果報酬となります。セールスレターによる売上金額が1000万円なら、5%である50万円が受け取れる報酬です。しかも、成果報酬は1度だけでなく、売り上げがアップする度に受け取ることができます。パーセンテージは会社によって異なりますが、有能なセールスコピーライターなら、定期的に報酬が発生します。

尚、ランディングページは、商品の購入というアクションを誘導することが最終目的なので、それに合ったテキストが書けなければなりません。レイアウトは縦長の1ページ構成であることが多く、商品の購入の他に、無料体験への申し込みやイベント予約、会員登録などがあります。そのためページの中では閲覧者と対話するように話が進み、読み手の悩みに訴えて、購買欲を掻き立てます。初心者や素人は、ペライチという無料ツールでこの1枚型のページを作成することもできます。ブラウザ上でレイアウトを選んだり、変更したりできるので便利です。テンプレートのダウンロードも可能で、大まかな構成がすでにできています。しかし商品に最も適したランディングページを作成するなら、プロの会社に依頼すべきです。そして制作実績のある会社には、有能な人材として、セールスコピーライターが在籍しています。プロのセールスコピーライターは、ターゲットに購入意欲を起こすストーリーを作ることが得意です。そして売れなかった商品でも、プロのライターの力で売れるようになるケースもあります。